ムキムキになる筋トレのやり方をおさえておく!

ムキムキ,筋トレ,やり方

 

ムキムキになるには、高負荷で低回数の筋トレを行うのが基本的です。

 

腕立てふせや腹筋等の自重トレーニングは、負荷が軽いのでダンベルやバーベルを使って重さを調整しながらトレーニングをするのがベストです。

 

10回をギリギリ出来る重さで行い、自宅ではダンベルを使って行うのが効果的です。ダンベルは安く重さを調整する事が出来るので、重さが調整出来ない鉄アレイよりもお勧めです。

 

ムキムキになるには筋肉を休ませないといけないので、1日置きに行うと筋肉が成長しやすいです。腕の筋肉は複数の筋肉で出来ているので、複数の筋肉を鍛える事になります。
腕の筋肉の中で1番大きいのが、上腕三頭筋です。

 

上腕三頭筋は二の腕と言われる筋肉で、この部分をしっかりと鍛えると、太く逞しい腕になれます。

 

力こぶと言われるのは、上腕二頭筋です。上腕三頭筋に比べると小さい筋肉で、成長させるには時間がかかります。
短期間でムキムキになりたい場合は、上腕三頭筋を優先的に鍛えます。

 

上腕三頭筋を鍛える方法は、腕立て伏せが効果的です。

 

通常の腕立伏せよりも腕の幅を小さくすると、上腕三頭筋に効率的に負荷をかけられます。

 

初心者は、ゆっくりと正確なフォームで行う事を心掛けます。